インテリア

通常では防ぐのが難しい音|専門の防音対策で静かな世界に

音が気になるときには

つみき

楽器演奏や迫力ある音量での映画、音楽鑑賞を楽しみたいときには防音工事を考えましょう。外部からの音に付いても効果があるのもメリットです。しっかり防音したい場合には、自身で行うよりも、プロに任せた方が結果的には後悔しないで済むかもしれません。

読んでみよう

家に伝わってくる不快な音

インテリア

不快な音を防ぐ

部屋の外からは様々な音が聞こえてきます。道路を走る車の音、隣の部屋のテレビの音、隣の家のピアノの音、これらの音は直達音響と振動起源音に分けられています。直達音響というのは車のクラクションや、テレビの音のように直接耳に届いてくる音です。こういった音は窓ガラスや壁を通じて直に入ってきます。振動起源音の発生源は、トラックが走るときの揺れなどの振動で、その音が建物の基礎に伝わって基礎から壁に伝わり、窓ガラスやドアなどの建物の部材が揺れて生じてくる音です。これらの音をそのままにしておくと、四六時中不快な音に悩まされる可能性があります。いろいろな防音工事を行って、これらの音を減少したり、なくしてしまうことができます。

吸音と遮音

部屋の外で発生した音は壁に跳ね返されたり、壁に吸収されたり、壁を通り越したりします。直達音響を防音するためには、音を吸収する機能と音を遮断してしまう機能を強化すれば防音の効果が出てきます。吸音の方法には、壁に吸音材量を張り付けることが有効な手段になります。キーンと響くような高周波の音には、グラスウールというガラスを溶かして繊維状にして板や帯状に加工したものが、よく使用されています。グラスウールは多孔質材料というもので、糸くずを押し固めたような隙間がたくさん空いています。この隙間が音を吸収して防音につながってきます。簡単に工事をすることが可能なので、使用している人が多くいます。遮音については壁の重量が大きいほど音を遮る効果が高くなりますので、コンクリートの壁を厚くするなどの方法があります。

自分でする防音・防振対策

内観

バンドマンにとって自宅で練習できるという環境はとても素晴らしいものです。そのためには、今住んでいる場所のご近所さんに迷惑をかけず、良好な関係を保つことも重要です。ドラム練習による振動や騒音でご近所さんに迷惑をかけることなく、快適な環境で練習をしましょう。

読んでみよう

解決のための努力をする

作業員

マンションやアパート等に住んでいると騒音によってトラブルに発展することもあるので、この問題についてはよく考えた方が良いです。騒音対策については方法は色々あるので、できるだけ多くの情報を集めて速やかに対策を取ることが大切です。

読んでみよう